Copyright © 2018 Taiwan Shuraba All rights reserved 

*今月(11月)末まで、4000元のプロモーション価額かつ送料無料で商品を提供いたします*

大自然の間にはハーモニーが存在していて、それは数少ない人にしか聞こえない美麗な楽章、そういう人は、いわゆる園芸師。違う植物は園芸達人の不思議な両手により、美しい庭の風景となる。水、空気、日差しなどの元素を使いこなし、更に特別な元素を加え、自分だけの自然の庭を作り上げよう。あなたに園芸達人になる資質はあるのか、試してみよう。

園芸マスター

¥5,850 通常価格
¥4,000セール価格
  • 会社名

  • ゲーム内容物

    元素カードx54枚

    自然元素カード

    生命元素カード

    再生元素カード

    園芸妖精カード

     

    道具カードx8枚

    園芸ハサミ 手袋 スコップ じょうろ

     

    小動物コマX7

    鹿 山猫 ふくろう 雁 イノシシ 穿山甲 鶏

    園芸達人コマX1

     

    園芸ピースx44枚

    草原 花壇 柵

    池 東屋 鶏舎

    小屋 薪小屋

    台中駅 台中公園―湖心亭

    台中ルスイ教会 台中花博体験区―石虎の家

     

    プレイヤー庭ボードとお助けカードX5セット

    元素ボードx1枚

     

    元素の源 準備区 肥料区

    採集区 園芸指南

  • ゲームのセットアップ

    元素ボードを開き、机の真ん中に置きます。プレイヤー人数により、対応する量の園芸ピースを取り、元素ボードの右にある区域の置きます、景色面が表です。

    草原:プレイヤーが何人いても10枚を使います。図のように:こちら、花の面が表向き

    小屋:プレイヤー人数で調整します:3人2枚、4人3枚、5人4枚。

    他種類の園芸ピース:プレイヤーと同じ人数分を取ります。(2人プレイは全部3枚を取ります)

    各プレイヤーが小動物コマを一つ選び、順番に園芸ピースの一番上に置きます。各種類の園芸ピースに置ける小動物コマは一個まで。

    全プレイヤーが『園芸妖精』を1枚引き、最初の手札とします。

    残った元素カードと道具カードをシャッフルして、元素の源の場所に置きます。元素の源の上の元素カードを順番に開き、採集区1~9の場所に置きます。最後に、もう一枚元素カードを準備区に置きます。

    園芸達人コマは隣に置きます

    各プレイヤーが1枚のプレイヤー庭ボードとお助けカードを自分の前に置きます。

    最近花園に行ったことのあるプレイヤーがスタートプレイヤーになります。

     

    註一、園芸ボードの中の草原は設置するとき、これらの面を上にシャッフルしてから、指定の場所に置きます。草原には兎が存在する草原ピースが四枚あり、ゲームにちょっとしたサプライズを与えます。

  • ゲーム進行

    スタートプレイヤーから時計回りでゲームを進めます。あなたの手番になる時、以下の行動フェーズを順番に行います:

    A.仕事フェーズ

    B.元素補給フェーズ

    行動が終われば、左のプレイヤーが動く番となります。

     

    A.仕事フェーズ

    プレイヤーは以下2種類の行動から1種類を選び実行します:

    A-1.元素採集または道具開発

    A-2.園芸栽培と景色移動

     

    A-1.元素採集または道具開発

    元素採集または道具開発には五種類の仕事があります。プレイヤーの手札の上限は5枚、もし手札が上限に達した時、選べられる仕事が限られます、例えば:元素を支払うことで「花」を採集、「園芸精霊」、「道具開発」の仕事があります。

     

    a.自然元素と生命元素カードを採集します

    あなたは1枚か、お隣同士(縦か横)で同じ元素カードを2枚採集できます。

    生命元素「花」を採集する時、手にある「光」を1枚支払わないと採集できません。1枚の光は1枚か、お隣同士の花を2枚採集できます。「園芸妖精」を「光」の代わりに使用し、「花」を採集する事ができません。

    採集できた元素カードを手札に入れます。

    手札上限を越えるほど元素カードを採集する事ができません。

    支払われた元素カードは肥料区の中に置きます。

     

    b.再生元素カードの整理

    再生元素カードは元素採集区の元素補充の邪魔になります。

    プレイヤーは1枚か、お隣同士(縦か横)で同じ再生元素カードを2枚取れます。

    採集された再生元素は、表向きでプレイヤーのボードにある復育区に置きます、ストック上限はありません。

    同じ再生元素カード3枚では、1枚の任意元素として使えます。ただし「園芸妖精」として、他のプレイヤーから道具を借りることができません。

     

    c.園芸妖精入手

    園芸妖精は好きな元素として使えます、庭作り、道具開発か道具貸出の時で使えます。だたし「光」として「花」を採集する事はできません。

    プレイヤーは手持ちの元素カード1枚、または復育区の中の同じ再生元素カードを3枚肥料区に入れることで、採集区にある「園芸妖精」を1枚手札に入れます。

    もし「園芸妖精」がお隣同士の時、対等な代価を支払えば、お隣同士の2枚を同時に手に入れることができます。

    ゲームが終われば、園芸妖精は一枚につき1点の価値があります。

     

    元素か効能記号

    必須元素記号

     

    註二、自然元素は他の元素を支払わなくても取れます;生命元素「花」には一枚の「光」を支払わないと、採集できません。

     

    横で繋がる 縦で繋がる

     

    註三、元素を採集するとき、縦か横が並んでる同じ元素カードを2枚取ることができます。

     

    註四、三枚の再生元素を採集できたら、好きな元素として使えます。再生元素を採集したら、プレイヤーのボードにある復育区に置きます、上限はありません。

     

     

    註五、プレイヤーの手札の上限は五枚、もし上限に達した時、できる仕事は限られます、例えば「光」を一枚支払い、「園芸妖精」と交換します。

     

    d.道具開発

    全部で4種類の道具はあり、それぞれ違う能力があります。プレイヤーが入手した後、表向きでプレイヤーのボードの道具区に置いたら、すぐにその能力が使えます。

     

    スコップ:元素を採集する時、対角線上にある同じ元素を2枚採集できます。

    手袋:元素を採集する時、さらに一枚同じでお隣同士の元素が取れます。

    園芸ハサミ:元素を採集する時、同じ元素2枚を場所関係なく、自由に取れます。

    じょうろ:元素を採集する時、元素の源からカードを1枚引けます、もしそれが自然元素または再生元素の場合、手札に加えられます;園芸妖精、道具カードの場合肥料区に置きます。

    採集区にある道具カードを手に入れるには、プレイヤーはその道具カードに表示された材料を払わなければなりません。

    各プレイヤーがゲームを始まる時、道具倉庫に置ける道具は1つまで。もしそのあとで新しい道具を手に入れたら、すぐに倉庫にある道具カードをゲームから外します。もしプレイヤーに「東屋」があれば、道具倉庫の上限が増え、道具を複数で持てます。

    道具カードの能力は重ねて使用できます、例えば:

    園芸ハサミと手袋:同じ元素カードを場所関係なく2枚採集した後、もう一枚繋がった同じ元素カードを採集できます。

    スコップと手袋:対角線上にある同じ元素カードを2枚取ったあと、もう一枚繋がった同じ元素カードを採集できます。

    じょうろ:他の道具カードより先に使っても、後で使っても、大丈夫です。

    道具カードは永続しますので、使い終わったら肥料区に置く必要はありません。

    ゲームが終わった時、道具カードは一枚につき1点の価値があります。

     

    e.元素整理

    元素採集区の好きな横列の全部のカードを移動して、元素補給フェーズの行動を行います。そして、プレイヤーは以下の行動から一つ選べます:

    元素カードを1枚採集し、手札に入れます。

    もう一度元素整理を行い、プレイヤーのターンを終えます。

     

    註六、元素の整理は採集区の任意の横列を選び、列にある全部のカードを使わないといけません、移動されたカードは肥料区に入れてから、元素の補充ができます。補充のやり方は元素補給フェーズを参照して下さい。

     

    スコップ:元素を採集する時、対角線上にある同じ元素を2枚採集できます。

    手袋:元素を採集する時、さらに一枚同じでお隣同士の元素が取れます。

    園芸ハサミ:元素を採集する時、同じ元素2枚を場所関係なく、自由に取れます。

    じょうろ:元素を採集する時、元素の源からカードを1枚引けます、もしそれが自然元素または再生元素の場合、手札に加えられます;園芸妖精、道具カードの場合肥料区に置きます。

     

    A-2.園芸栽培と景色移動

    プレイヤーは毎ターンに1枚の園芸ピースを植えます。必要な材料を払い、そしてその園芸ピースをプレイヤーの庭ボードに置きます、設置ルールは以下となります:

     

    a.園芸栽培

    園芸ピースは設置したらもう動かせません。

    それはプレイヤーのボードの方格の中に収まり、はみ出てはいけません。

    設置するとき、どんなに回転しても大丈夫ですが、裏返すことはできません。

    プレイヤーは同じ園芸ピースを複数持っても大丈夫です。

    一部の園芸ピースには特別効果があり、プレイヤーは設置したターンの次のターンで使えます、効果は重ねます。

    園芸ピースが使い切ったら、もう二度とその園芸ピースが設置できません。

    一部の園芸は特定の道具がないと栽培できません。

    他のプレイヤーの道具を借りて、園芸栽培を完成させることは可能です。プレイヤーは1枚の「園芸妖精」を他のプレイヤーに支払ってから、そのプレイヤーの道具倉庫にある道具が使えます。

    各種類の園芸ピースを栽培した人は、その種類に描かれる小動物をコマを獲得し、それを自分の庭ボードに置きます。

    ゲームが終わったとき、各小動物のコマは1点の価値があります。

     

    a.景色移動

    プレイヤーが園芸ピースを設置するために、もっと多くな元素が必要となった時、プレイヤーの庭ボードにある園芸ピースを好きなだけ外し、そうすると、ボードの裏に表示される元素を獲得し、そのターンの栽培で使えます。しかしその元素はそのターンで使いきり、残せません。そして、移動された園芸ピースは、プレイヤーの庭ボードの右の雑貨倉庫の中に入れます。

    プレイヤーは同じターンで同じ園芸ピースを植え、または外すことができません。

    一コマの草原や小屋を移動できません。

    外した園芸ピースにもし特別効果があれば、その効果は移動されたせいで消えます。

    例えば:「小屋」建てようと、庭ボードの「薪小屋」を外して、手札と復育区の再生元素を加えました。しかし、外された「薪小屋」はすぐに効力を失いますので、「小屋」を建てる為の再生元素は3枚で任意元素の一枚として扱う基本ルールが使われます。

     

    註七、プレイヤーは毎ターン1枚の園芸ピースしか植えられません。必要な材料を払い、そして目標の園芸ピースをプレイヤーの庭ボードに置きます。好きな方向に回しても構いませんが、裏返してはなりません。栽培が終われば、好きに移動することはできません。

     

    註八、一部の園芸は特定な道具がないと植えません。もし道具がなければ、1枚の「園芸妖精」を支払い、他のプレイヤーの道具を借りて、園芸栽培を完成できます。

     

    註九:プレイヤーの庭ボードから好きな数の園芸ピースを外したら、そのボードの裏に表示された元素を手に入れて、そのターンの栽培に使えます。

     

    B.元素補給フェーズ

    元素カードが採集されたあと(元素が取られることで現れた空白のこと)、採集区のカードは緑色の矢印通り移動し、空白を埋めます。

    準備区のカードを数字の一番小さい採集区画に補充し、そして山札から1枚のカードをめくり、準備区に置きます。それを繰り返して、採集区を補給できなくなるまで続けます。

    もし採集区に再生元素「雪」があるとき、「雪」は空白を埋めません。つまり、その下の空白にも補給されることはありません。

    もし採集区に再生元素「火」があるとき、「火」は先に(火を除き)1枚のカードを焼きます。「火」の下のカードを肥料区に移動したあと、「火」のカードが移動します。もし「火」がもう一番底にある場合、焼く必要はありません。元素の源のカードで補給できないとき、肥料区のカードをシャッフルし、元素の源に補充します。もし補充できるカードがない場合、補充しません。

     

  • ゲーム終了

    ゲームは進行し、以下の条件のどれかが達成された時、ゲームが終わります。終了条件を達成したプレイヤーからはじめ、そのターンのプレイヤーは順番に自分のターンを終わらせてから、ゲームが終わります。

    A.任意3種類の園芸ピースが使い尽くされた時。

    B.自分の庭ボードを埋め尽くしたプレイヤーが現れた時、完成できたプレイヤーは園芸達人のコマを得られます。

     

    五、ゲームの優勝

    ゲームが終了したら、プレイヤーは各自自分の得点を計算します:

    園芸達人コマの点数(3点)

    園芸ピースの点数(表のアワード符号参照)

    外された園芸ピースの点数(一枚1点)

    小動物コマ(一つ1点)

    道具をカードの点数(一枚1点)

    園芸妖精の点数(一枚1点)

    合計点数の一番高いプレイヤーの勝利です;もし同点になった場合、庭ボードの空白が一番少ないプレイヤーの勝利とします;それでも同じであれば、手持ちの元素カードを数を比べて、一番多いプレイヤーの勝利です。

     

    全てのカード、ボードの上、緑の指の記号の点数。

    合計点数一番高いプレイヤーが優勝し、我らが偉大なる園芸達人となります。

     

     

    註十:元素カードが採集されたあと(元素が取られることで現れた空白のこと)、採集区のカードは緑色の矢印通り移動し、空白を埋めます。

     

    註十一:採集区に再生元素「雪」があるとき、「雪」は空白を埋めません。つまり、その下の空白にもカードが補給されることはありません。

     

    註十二:採集区に再生元素「火」があるとき、「火」は先に(火を除き)1枚のカードを焼いてから、元素の補給を行います。

     

  • 版権

    初版: 2018

    住所:413台中霧峰區信義路19-4號

    フェイスブック : www.facebook.com/mozigames

    E-mail:mozigame@gmail.com

    www.http://mozigame.wix.com/mozi-games

お客様のご感想、応援コメントを一言お願いします!

logo.png